ドルーロにゃん、政治経済を考える。

ドルーロにゃんが、イチから政経を学んで、ひとりで政策をやってみるブログ。

ミャンマーに日本はなぜ介入しないのか。忍び寄る中国の覇権と日本の立場とは。

ミャンマーでは、軍部によるクーデターと弾圧が続き、連日のように市民の死者がでています。凄惨な殺戮や、国軍による少数民族への空爆まで起きているようです。しかしこのような弾圧はミャンマーだけに留まりません。 中国は、香港での民主派の弾圧、ウイグ…

メーガン妃暴露問題。人種差別と王族の血統を同列に語っていいのか。

メーガン妃の暴露と、その批判や擁護が飛び交っています。「人種差別」という視点で議論されることの多いこの問題ですが、その視点になんとなく違和感がある人も少なくないのではないでしょうか。特に、「人種差別的」とされたイギリス王室を支持する声も根…

夫婦別姓は何が問題なのか。丸川大臣の発言は批判されるものなの?

選択的夫婦別姓の話題が、日に日に取り上げられるようなっています。世論調査では、夫婦別姓に賛成する人が多数を占める一方、「日本の文化・慣習」「家族観」といった理由から、根強い反対意見も少なくありません。しかし実際のところ、世の中でこの問題を…

緊急事態宣言。政府の判断は遅い?経済と感染防止はどちらが重要?

2021年1月7日、新型コロナウィルス拡大を受け、再び緊急事態宣言が発令されました。やっと発令された、遅すぎた、という声が多い中、飲食店を中心とした企業側の悲鳴も少なくありません。 今回もドルーロにゃん(ブログ主)が、経済的視点から、社会問題を考…

米中総領事館の閉鎖、日本も中国に対抗すべきなのか。

アメリカによる中国総領事館の閉鎖、そして中国によるアメリカ総領事館の閉鎖と、米中対立の応酬が激しくなっています。日本としても中国の横暴には危機感が増している中、盟主アメリカとともに、対中姿勢を強めるべきだ、という声も日に日に増えています。…

イージスアショア配備中止。反対派の正体は。政府の本音は。

2020年6月15日、イージスアショア配備計画の中止が発表されました。候補地選定のずさんさに始まり、住民の安全が確保されないこと、それをクリアするには膨大な費用がかかることなど、政権の非を責める声は止みません。しかし、日本を北朝鮮や中国のミサイル…

なぜ韓国は反日に走り、なぜ北朝鮮は核開発とミサイル発射をするのか。朝鮮半島の定められた宿命とは。

韓国政府による非礼な外交措置や反日行為が相次いでいます。徴用工問題の争点化、慰安婦合意の破棄、北朝鮮への制裁違反(瀬取り疑惑)、その発覚を恐れた自衛隊機へのレーダー照射事件、ついにはGSOMIAの破棄にまで至りました。一方北朝鮮は、アメリカとの…